1. トップ
  2. バリアフリーレポート

バリアフリーレポート

6月5日に東京スカイツリーに行ってきました。

2012/06/12

東京スカイツリータウンⓇとは、東京スカイツリーと商業施設東京ソラマチⓇ、すみだ水族館、コニカミノルタプラネタリウム“天空”、オフィスビルなどからなる大型複合施設です。 東京スカイツリーには、4Fからエレベーター(一基40人乗)に乗り、ものの50秒で、350mの東京スカイツリー天望デッキに運んでくれます。350mのフロアからは、階段、エスカレーター、エレベーターで345mフロア、340mフロアに降りることができ、340mフロアには、ガラス床があり、ガラス越しに真下を見ることができるのです!また、345mフロアにレストラン、スカイツリーショップがあり(1Fと5Fにもあります)、ここでしか買えない限定商品が並んでいました。 東京スカイツリー天望回廊には、(+1,000円)、東京スカイツリー天望デッキから、シースルーエレベーターで昇れます。451mの最高到達点までは、スロープを歩いていくことになります。 下りのスロープは車椅子の方は要注意です。タワー滞在制限時間はありませんが、混雑状況により、係員が誘導をする場合もあります。340mフロア、345mフロア、350mフロア、天望回廊にも多目的トイレがありました。そして車椅子の方も見かけました。7/10迄は完全事前予約制、7/11からは当日券も販売することになっています。 観光タクシーの場合、地下の一般駐車場に車を駐車することになるりますが、台数に限りがあるので満車の場合は、タワー周辺の駐車場に駐車してください。
見学の際は、タワー、東京ソラマチ、水族館などで、合計3~4時間は、見ておかれた方がよいと思われます。今後、東京の新しい観光名所として、注目を浴びること間違いありません!